naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【大聖歓喜天はガネーシャです】

 ガネーシャとは、大聖歓喜天とも称される三千世界の守護神です。私は師に出会うまでガネーシャという神を知りませんでした(インドでは超有名な神です)

 

 

 師が教えてくれたのです。「お前はガネーシャという神を知っておるんかのう?」「えっ?ガネーシャですって。変わった名前ですね。神様ですか?」「知らんのか。それなら夢ゾウを読んでみよ」

 

 

 さっそく『夢をかなえるゾウ』を買って読んでみました。師は「あんなあ、あそこに出てくるのはワシやで。ワシが指導したんじゃよ」

 

 

 確かに師は謎が多すぎる。人間でない事は百も承知の私ではあるが。きっと師はガネーシャに間違いないと思えるのです。なぜなら師の怒りの表情には、絵で観るガネーシャのおでこにあるガネーシャマークが浮き上がってくるのです。まったく同じ印です。

naranoasuka.hatenablog.com

 

 

 話は今回の流れの要石に戻ります。『高牟神社』➡『物部神社』➡『桜天神社』ときました。そして閉めは大聖歓喜天を祀る『福生院』です。メガネ弘法『大智院』は真言宗智山派の寺院です。なんと『福生院』も同じく真言宗智山派の寺院でした。これで繋がっていたことが解かりました。

 

 

 福生院』と『桜天神社』はすぐ近くです。私が手渡された場所は、神社内ではなく道路でした。よ~く考えてみると、私が20年ほど前に目に見えない剣?らしきものを受け取ったのは桜天神社だとばかり思っていました。が、実はガネーシャからだったのではないか。と今なら思えるのです。