naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【高牟神社の古い井戸】

 昔は神社が好きで、あちこち御縁を感じた神社を訪ねていました。でも最近は前世の自分が住んでいた神社以外はほとんど出向かなかったのです(参拝後の心身の浄化が結構大変なため)

 

 

 そんな私でしたが・・・『すずめの戸締まり』という映画のストーリーの中に、『鈴芽が要石を抜いてしまい、ミミズが扉(後ろ戸)から現れるきっかけとなった。』というのを知ったのです。要石にめちゃくちゃ引っ張られました。

 

 

 久しぶりに私の神ナビが反応しました。(そうだ!要石のある物部神社へ行こう)最初に物部神社へ行く予定だったのですが。なぜか最初のスタートは高牟神社に導かれたのです。高牟神社 - Wikipedia

 今回訪ねてみて知ったのですが、高牟神社は、元々軍事を担った物部氏の武器保管庫だったらしいです。それが後に、神社になったというわけです。知らなかったな~。

 

 この高牟神社には古い井戸があり湧き水があります。応神天皇の出生の際に、産湯として高牟神社の湧き水が献上されたとの言い伝えがあるそうです。

 ちょうどここでお水を汲んでいた年配の男性の方と話をしました。世間話をしながら、高牟神社についての情報を教えて貰いました。私は出先で出会った方との御縁を大切にしています。一期一会というのでしょうか。今必要な情報を頂けることが多いからです。

 

 

 その方は「あんたね、高牟神社って書いてあるのを写真で取った方がいいよ。今話題の安倍晋三のお爺さんの岸信介の名前があるからね」と言われたのです。私へのメッセージなのか、写真を撮る事にしたのです。

 実は『岸信介』は、私の中では大事な日本の破壊計画を実行した張本人だという認識しかありません。岸信介の邸宅の敷地内には、統一教会の日本支部が置かれたのです。なぜ、どうしてわざわざここまで来て『岸信介』なんでしょう。どんな繋がりがあるのでしょうか。