naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【樟(クスノキ)とアオスジアゲハ】

 数年前の事です。団地の花壇の草取りをしていました。その草の中には背が3㎝程の二つの葉がついた発芽したばかり?の木?がありました。

 

 

 私は根っこが付いているので、ひょっとしたら育つかもと思い鉢植えにしたのです。それが何の木なのか成長してからの楽しみでした。ある日その木をよく見てみると・・・なんと葉っぱに居たんです。

 あれ~?! 何なの? 私は初めて見る生物です。 この木が何の木かも解っていない。ましてや葉っぱにくっ付いてる生き物の事も知らない。驚きましたが急いでネットで調べました。

 

 

 どうもアオスジアゲハの幼虫らしい。『アオスジアゲハの幼虫の食草はクスノキ科植物の葉である。蛹はクスノキの葉を似せた形状をしている。一般のアゲハチョウ類とは違い、幹ではなく葉に蛹を形成する』とアオスジアゲハ - WikipediaWikipedia)より。

 

 

 私はちっこい木がクスノキだったという事と、葉っぱに引っ付いている生き物がアオスジアゲハの幼虫だと知り嬉しさでいっぱいになったのです。だって自分のベランダと自然が一体化しているようで嬉しくてたまりませんでした。

 

 

 しばらく見守っていたのです。可哀そうにもクスノキの葉は幼虫に食べられてしまいました。でも無事に成長して蛹になりました。

 毎日ベランダに出るのが楽しみでした。いつ脱皮するのかしらとドキドキです。ある日の朝。とうとう美しい蝶が誕生したのです。

 我が家のアオスジアゲハちゃんです。私は彼女を見て胸が一杯になりました。直ぐに飛び立つことはせずジッとしていました。しばらくしてから大空に舞い上がり飛んで行きました。

 

 

 私はいつまでも無事でいてねと祈りました。しばらくたったある日の事でした。ベランダのクスノキの周りをひらりひらりと美しい蝶が舞っていたのです。私に逢いに来てくれた?と、私は彼女に声を掛けました。

 

 

 私やクスノキにお礼を言いに来たのでしょうか。アオスジアゲハちゃんの子孫が育ってくれていることを願います。自然の厳しさや美しさそして種を越えた愛をありがとうねアオスジアゲハちゃん。あなたの事忘れないからね。