naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【明智光秀の名前を転がすと】

 明智光秀は、謀反を起こす前に細川忠興に『私は一旦謀反を起こすけれどもその後はあなたに任せます』と手紙に書いているらしいです。

 

 

 細川忠興は玉子の夫です。信長の推薦で明智光秀の娘玉子と結婚しました。信長が推薦するぐらいなので、信長に気に入られるほど細川忠興は骨のある頼もしい人物だったんですね。細川忠興は、茶人であり和歌を作る優れた人物だったようです。

 

 

 明智光秀は天下を取ろうとしたのではありません。野心などなかったのです。ただ信長の相談に乗り、信長の悩みを解決し助ける為に己は後世裏切り者になるのを承知で本能寺の変を考えたのです。

 

 

 私は明智光秀キャパシティーの大きさに圧倒されます。流石信長が見込んだだけある人物です。そんな明智光秀の名前を転がしてみました。

naranoasuka.hatenablog.com

 明智光秀⇒ あけちみつひで⇒ ひみつちであけ⇒ 秘密地で開け

 となりました。明智光秀は秘密を墓場まで持って行ってたのです。

 歴史の中には、地の中に埋もれてしまった事実も多々存在しています。じゃあその事実を知ったらどうなるの? 何も変わらないじゃないと人は思うかもしれません。でもたった一人でも、明智さんの功績を知っている人間がいるのなら、なんだか心が温かくなりませんか。