naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【お金はエネルギーなのか】

 神社チャンネルのYouTubeで、面白い事を言っていました。『お金に名前を書くことはできない』 それを聞いた私は、目から鱗が落ちました。なるほど・・・そういうことだったのかと。

 

youtu.benいい

  以前私はNOが言えない人生でした。その当時は多くの宗教団体に引っ張りだこでした。どの団体だったのかうろ覚えなのですが。その団体には信者を勧誘するためのマニュアルがありました。例えば家族が癌の告知をされた人に対するマニュアルなど。

naranoasuka.hatenablog.com

 

 

 たまたま聞いてしまったのです。指導者の方のお話の中で「お金を寄付させれば、病気は治りますからどんどん寄付させなさい」と。お金はエネルギーなので、循環させないとエネルギーが滞り病気?や不運になる可能性があるのでしょうか。

 

 

 確かに寄付したら病気が改善して幸せになったという事も聞いた事はあります。それぞれの宗教団体のトップクラスの方達は、ある意味人間の運命を手繰っているとも思えますね。

 

 

 宗教に詳しい神人さんは危惧されています。

 宗教団体に入ってゆく理由は、経済苦による救済、肉体苦による救済、精神苦による救済を求めてと人それぞれですが、苦しみから救われたいという理由が共通理由でありましょう。

 

 

 苦しみを解消してあげたのですから、次は神仏=組織に恩を返してゆきなさいとするのが共通のやり方です。ほとんどの宗教団体は、無償の愛ではなく隷属的な愛を要求するものなのです。

 

 

 宗教団体に隷属化し洗脳されながら生きている人は、世界に何十億人も存在します。心から幸福感を感じられているならばなんら問題なく良いのですが、現実は違い、思想や団体に対する疑念と葛藤が付きまとうようです。

 

 

 世界は宗教が人々を支配し経済を動かしています。それは、世界の病の源でもあります。なぜこのようなことになっているのか?と問われたならば、人々が真実を知らないがゆえに起き続けている簡単な問題である”と私は答えます。人は、真実を学ばなければ容易に騙され操られるということです。逆を言えば容易に操れるようにするために真実を教えないのです。

 

naranoasuka.hatenablog.com