naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【百姓について】  

 名古屋港にある、ブルーボネット名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット (wfg-bluebonnet.com)に行った時の話です。お花とは全く関係のない内容なんですが・・・

 

 

 私はトイレに入ったのです。トイレの張り紙が目につきました。そこには【百姓】について書かれていました。

 

 

 百=たくさん  姓=かばね 「かばね」は、古代の苗字にあたるもので、苗字はむかし職業を表し、「能力」を意味するものだったそうです。たくさんの能力がないとできない職業=百姓  それはお百姓さんです。

 

       

 以前師は私に言っていました。「百姓は、百の仕事ができるから百姓なんだよ」と。

 

 

 話は飛びますが、若い頃私は水や食品添加物に対して過敏に反応していたのです。このままいったら添加物のない食品は皆無になるだろう。そうなったら私食べる物がなくなるわと切羽詰まっていました。

 

 

 ずっと考えた結果、そうだ百姓になろう。そう思ったんです。自給自足をすれば、農薬や食品添加物を使用しない食材を自ら作れるからです。兼業農家の従兄に相談しました。「おまえが百姓?やめとけ!できるわけないだろう」と呆れられました。従兄は甘ったれの私の性格をよく知っています。

 

 

  私の祖父母は百姓で自給自足の生活をしていました。

naranoasuka.hatenablog.com

 私は幼少の頃、田舎に預けられた経験があります。なので自給自足の大変さは祖父母を見て少しは知っていました。私には無理かも… やる前に諦められません。そんな頃木内氏を知りました。

naranoasuka.hatenablog.com

木内氏の提唱する循環型社会に賛同した同じような志を持った仲間と出会い、畑や田んぼを借りて週末だけ農業を開始したのでした。今は自分の修行を優先したため、仲間達とは離れましたが。農業に携わると、多くの事を学べます。今思えば私の人生の中でもとても幸せな時期でした。