naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【病院を辞めた理由】

 私は11年間勤めた市民病院を辞めています。辞めた理由は2つあります。一つは娘が不登校となり、当時越境入学が認められず引っ越さなければ他の中学に行けなかったからです(今は認められているのかな?)

 

 

 他市へ引っ越したので病院までの通勤はかなり厳しいものでした。通勤時交差点で居眠りをしてしまい、仕事は続けられないと思ったのです。もう一つの理由は、病棟勤務から外来勤務になり(私は病棟が好きでした。看護総婦長が私の事を心配してくれて外来に移動させたのです)その外来の看護婦長が箸にも棒にも掛からぬ、己の事しか考えない人だったのです。

 

 

 上司にあたるその看護婦長に家族の事を相談しました(休みの希望など今後いろいろあるため)その看護婦長はただ一言「あなたの育て方が悪いのよ!仕方ないでしょ!」でした。私は絶句しました。だって後が続かない言われ方ですもん。心の中でこの人には何を言ってもだめだと見限ったのです。こんなキャパがおちょこぐらいしかない奴の下で働きたくないと思いました。

 

 

 私が病院を辞めようと決心した時、ちょうどお昼頃でした。天井の方でファンファーレが鳴っています。天上界の存在も辞めてOKサインをくれました。帰り道でもう一度確認しました。本当に辞めてよかったんですね?と思った瞬間でした、目の前に走ってきた車のナンバーは888です。数字で答えが来ることも多々あります。辞めて正解でした。

 

 

 なんで今書いているかと言うと、師匠曰く「お前はこの宇宙の中で、最も執念深い奴だよ」と言われたからです。私は師匠に会うまで、自分は明るくて執着心のないカラッとした性格だと思い込んでいました。しかし反対でした。自分を観ることを10年続けた結果(修行)本当の自分の性格が判ったのです。自分を観ることは孤独で最も辛い事でした。

 

 

 書くことで自分の中の執着心や怨念を手放す事が出来るからです。