naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【丸山神社のふな岩】

 N氏は、イワクラについてとても造詣が深い方でした。N氏との出会いで、イワクラが遥か古代、縄文時代に建造された可能性が高いとの話を伺ったのです。

 

 N氏は私に質問しました。「もしあなたが縄文人で、未来にメッセージを残すとしたら、何に残しますか?」私はエジプト時代みたいにパピルスに残すより、自然災害にも強い大きな岩にメッセージを残すでしょうと思ったのです。

 

 私はN氏に「私なら大きな岩に残します」「僕もそう思います」「それでは今から、古代人が我々のためにメッセージとして残したかもしれないふな岩にご案内しますね」

 

 

 ふな岩は丸山神社にありました。遠くからみると、大きな魚の形に見えます。N氏はふな岩を見ながら「もしこの建造物を、現代人が造ろうとしたら、不可能だと現代の建設会社の建築家が言っていましたよ」

 

 現代は高層ビルや近代的な建物が、多く建てられている時代であるのにこのふな岩と同じレベルの建造物ができないとは。古代の建築レベルはかなり高度だったのでしょう。と、物思いにふけっていました。

 

 そんな私に向かって、N氏は「とんでもないことを思い出しました。僕がちょうど、このふな岩に案内していた時でした。木内鶴彦さんと言って、ユニークでばかでかい話をする人がいたんです。木内さんは臨死体験をしていて、不思議な話をする人です」

 

 「僕が原発をどうしたら、解決できるのでしょうか?と聞いたら、木内さんは放射能を噴火している火山に放り込めばいいんですよと話すのを聞いて驚いたんです」と話してくれました。

 

 
私はその時のことをしばらく忘れていましたが、後になって木内鶴彦氏のサポーターになったのです。何処でどう繋がっていくのか面白いですね。

youtu.be