naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【男性脳と女性脳の違い?】

 東京大学大学院教授の四本裕子氏は、男性脳」「女性脳」に基づく主張に対して、「科学的根拠に乏しく、性別役割分担を助長する恐れがある」と警鐘を鳴らしています。確かに男性脳」「女性脳」は科学的な根拠を伴っていません。

 

 

 ただ私は思うのです。『将棋界』だけは、男性脳」「女性脳」が存在するのではないかと。

 

 

 以前東京に住んでいた時、将棋が好きで史上初の将棋の女流棋士である蛸島彰子氏の将棋教室に通っていました。その当時小学校だった林葉直子ちゃんが女流アマ名人戦に小学6年生で優勝し天才少女と期待されておりました。

 

 

 将棋の世界はとても厳しい世界です。プロの棋士になるためには、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である奨励会で結果を出さねばなりません。林葉直子ちゃんはめちゃくちゃ強かったので女性初のプロ棋士誕生を期待していたのです。しかし奨励会では通用しなかったのです。男性ばかりの奨励会で彼女は頑張っていたのですが。

 

 

 『将棋界』においては、悲しいかな男性脳」「女性脳」が存在してしまうのかなと思います。なぜなら、女性には子供を産み育て護るという事が長い年月の間に組み込まれています。その点将棋に関しては相手の王を詰むために、攻めなければなりません。男性と違い女性は護る事に特化しています。

 

 

 今後『将棋界』の歴史を塗り替える女性棋士(今まで一人もいない)が現れることを期待しています。

 

 

 余談ですが、『囲碁界』はなんと男性と女性の強さの差はほとんどありません。囲碁は陣取り合戦のため、護るのが上手な女性ならではの作戦で男性と互角に戦えるようです。