naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【ベランダの猫】

 数年前の出来事です。我が家のベランダには植物の鉢がたくさんあります。そのベランダでアシナガバチの女王蜂が巣を作り、子育てをして旅立って行きました。毎朝声掛けをしていたので、いなくなって寂しいなと感じていたのです。そんな時ベランダでお昼寝をしている猫がいました。

 

 私は猫も犬も動物全般好きなのです。ただ母が猫嫌いで猫は飼ってもらえず、犬は子供の頃から飼っていました。なので猫は飼ったことがなく、どう対応したら良いのか判りませんでした。そんな私を横目で見ながら、猫はほぼ毎日ベランダでお昼寝をするのが日課になっていました。お利口さんな猫で、植木鉢にいたずらをすることもなく、ただくつろいでいる様子でした。

 

 私からはその猫に近づく事はしなかったのです。ある日猫はゆっくりと私の近くまで歩いてきました。私はどうしたらよいのか困り、そのまま立っていたのです。そしたら猫の方から私の足に体をすりすりしてきたのです。

 

 あれ!? 今のはひょっとして私に挨拶している?愛情表現?猫に私は好かれてる?そう思いちょっと嬉しくなりました。その行為で猫と私の距離は一気に近づいたのです。1年ちかく家のベランダに遊びにくるのでてっきり野良猫だと思っていたのです。ある日飼い主さんが探しに来ました。「家から逃げ出しずっと探していました」と仰る。無事に飼い主さんの家に帰ることが出来良かったです。飼い主さんに名前を伺いました。『ちびにゃん』という名前だそうです。

 その後『ちびにゃん』は幸せに暮らしていたようです。私は『ちびにゃん』に会いたくなって飼い主さんに連絡したのです。「『ちびにゃん』お元気ですか?」「9月28日に亡くなりました。その節はよくしていただきありがとうございました」と仰って下さった。

 

 私の飼い猫ではなかったけど、私と共に時間を共有してくれた猫でした。来世があるならまた出逢いたいです。