naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【占い師は地獄に落ちる⁉】

 土地や本は人を選んでいるのではと思うようになったのは、私の経験からなのです。そんなことはないよ、そういう方ももちろんおられるでしょう。ここでは私の感性で自由気ままに書いております。私と気の合わない方は、多分読まれないとおもいます。人は気の合う人は会います。合わない人は会いません。よく人間関係で悩みの相談を受けますが、会いたくない人には合わせなくていいのです。無理に相手の価値観に合わすから、ご自分が苦しくなったりするのですから。

 

 話は占い師の事です。今から遡ること42年前『宿曜占星盤の使い方―相性の関係がすべてわかる 秘法の独習 (ワニの本)』 発売日は1980年01月 著者は小峰有美子さんです。本のタイトルが、秘法の独習とあるので、私はすぐに取り掛かかりました。宿曜占星盤は宿曜占星術で使う占星盤でした。

 

 宿曜占星術はとにかく人間の相性に関しては的中率が半端なかったです。私は当時手当たり次第に友人達の人間関係・相性を観ました。あまりに当たるものですから途中でその占いから離れたこともあります。私はその占いに惚れ込み、筆者にどうしても会いたくなり会いに行きました。面談の予約をしてから小峰氏の自宅を訪ねました。 自宅の前に立った時独特の霊気を感じたのです。

 

 小峰氏とお話しするためには、玄関から2階に上がっていかなければならなかったのです。相談室は2階でした。私はえっー、2階に上がれるのだろうかと不安でした。あまりに強い霊氣のため体が硬直しているのです。それでも会いたいの一心で、ひたひたと霊氣を感じ続けながらも階段を一段一段登って行きました。その感覚に耐えれずに、私は帰りたかったのですが。やっとの思いで2階に上がり、小峰氏に会うことができました。

 

 以下は小峰氏のお話です。小峰氏は縁あり井関天海氏から一子口伝で、宿曜占星術の奥儀を学んだとおっしゃっていました。天海氏は『宿曜占星術』を用いて高貴な方達の相談に乗っていたと。『宿曜占星術』というのは、空海が唐に留学していたとき、帰国する際に「宿曜経」というお経を持ち帰ってきて、それから『宿曜占星術』として広まったといわれています。

 小峰氏は「大事なことは筆記しないのよ、一人の弟子に口伝で伝えるものなのよ」「相性は、宿曜占星術だけでみるのはよくないのよ。人間にはね、守護霊がいるの」
 小峰氏は私の守護霊の話など詳しく話してくれました。私には霊感があると言うのです。「私でも霊能者になれますか?」と質問してみました。

 

 小峰氏は「あなたは今生、霊能者になるために生まれてきてはいません。それに霊能者なんてならないほうがいいわよ」「私はなりたくて霊能者になったわけではないの、前世にひどいことをしているので、それを償うために、今生は人々を救いなさい、と普賢菩薩様に言われているのよ、そのために能力をいただいているの」「人の相性は、○か×しかない。中途半端はない」「夫婦はほとんど悪い因縁よ」「一番身近にいれば、因縁が解消しやすいでしょ」「占い師は地獄行と決まっているのよ」と暗い顔で私に話してくれました。私はその話を伺った時、小峰氏に地獄行が決定していても占い師を続けられるんですか?と聞いてみた。小峰氏は、普賢菩薩様から人を救う能力を頂いているため、占い師をやっているのよと仰っていた。

 

 今頃小峰氏はどちらにおられるのでしょうか。果たして地獄に行かれたのでしょうか。私は思います。それぞれご自分の描いた世界に行かれているのではないかと。小峰氏が地獄と思われているだけで、そこは天国かもしれません。 

 

 昔テレビで「あなた地獄に落ちるわよ」と言っていた占い師がおりました。ご自分の行く先を言っていたのでしょうか。小峰氏が言われたように、占い師が地獄行きを決定されているのなら、占い師をあなたはやりますか?という事ですね。