naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【世知辛い世の中を切り抜けるには】

 仏陀の死後2000年後には、魑魅魍魎が跋扈する時代となると予言されています。まさに現代がそうなんですね。

 

 だとしたら、どうやって暗黒時代を生き抜いたらよいのでしょうか… 

 

ブッダは最後の旅において、自分の死後に指標となるような教えを繰り返し説き続けた。その代表例が「自灯明・法灯明の教え」。「私がいなくなっても真理の法は生きている。自らを灯明とし自らを拠り所としなさい。法を灯明とし法を拠り所としなさい」』

 

 その方法は釈迦や聖徳太子が残してくれているのです。特に釈迦の教え・道理を忠実に現代人に伝えて下さっているのは弘法大師空海)です。

 空海は理趣とは道理のことであると教えております。

naranoasuka.hatenablog.com

 空海の伝説によりますと。1200年ほど前に永遠の修行に入っておられます。今なお私達を見守ってくれているみたいです。「弘法大師信仰」に基づき毎日食事が届けられています。御供所から御廟へと運ばれていく様子を私はテレビで見たことがあります。それを見た時とても驚きました。きっと空海は世界がこうなるというのを1200年も前からご存じだったのではないでしょうか。

 

 一人一人が乗り越えられるように、尊い教えを残して下さったと思います。空海は天才です。比叡山最澄は秀才でした。空海最澄は頭で考える人物と見抜いたようです。仏教の真髄は人間の五感を使用し、実践してみて初めて悟れるものだからです。今や情報過多のため、何が真実で何が嘘なのか。判りにくいですね。頭で考えるのでなく、腑に落ちる事で判断するとよいと思います。

 

 人間の皮膚は最近研究されていて、音を感知することもできるようです。よくあの人とは肌が合わないとか言いますよね。自分の肌で感じてみてください。そうすれば間違いは起こらないでしょう。

 

naranoasuka.hatenablog.com