naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

【元善光寺にて】

 善光寺は誰でもお参りできる無宗派のお寺です。善光寺 - Wikipedia

 なぜなら、日本に仏教の宗派が生まれる以前に善光寺は創建されているからです。 

 『善光寺縁起』によれば、御本尊の一光三尊阿弥陀如来様は、インドから朝鮮半島百済国へとお渡りになり、欽明天皇十三年(552年)、仏教伝来の折りに百済から日本へ伝えられた日本最古の仏像といわれております。

 

 本田善光が信濃の国へとお連れし、はじめは今の長野県飯田市でお祀りされ、後に皇極天皇元年(642年)現在の地に遷座いたしました。

 一光三尊阿弥陀如来は、元善光寺で先に奉られ後に善光寺にうつられたのです。

 

 知らなかった…

 「善光寺元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」と言われる所以ですね。

 元善光寺の由来

『今から1千4百年前、第三十三代推古天皇十年に本多善光卿により開かれたという。善光卿はある時難波の堀江で一光三尊の如来にめぐりあい、これを背に負って故里に帰り臼を浄めて安置し奉った、これがこの寺の創りである』と看板に書いてありました。 言い伝えでは、善光卿は背負った一光三尊の如来に前世を教えてもらったそうです。

 

 善光卿の前世は 釈尊からインドの長者として直接、功徳をいただいて、一光三尊阿弥陀如来立像を祭ることになったという。その後、その立像は百済の国に渡り、その長者は、百済聖明王として転生した。さらにその立像は、欽明天皇の御世に日本に渡った。そしてその百済聖明王が本田善光として日本に生まれ変わって、善光寺を開いたということらしいです。伝承だから真偽のほどは定かではないですが…

 

 私は信じます。なぜなら私自身も自分の前世をある場所で思い出したからです。