naranoasuka’s blog

総ての世界に通じる道理に関して追求するブログです

暦・占い

【おみくじ恐怖症】

私は何十年も怖くておみくじを引くことができませんでした。なぜかというと、それには原因があるのです。 私が20歳を過ぎたぐらいの年末(12/31日)に、友人と夜行バスで京都の清水寺に初詣に出掛けたのです。当時京都はとても人気スポットでした(今でも…

【0からのスタート】

いつも私の拙いブログを読んでくださる皆様、明けましておめでとうございます。 今年はウサギ年です。古事記タロットでウサギは愚者となっております。真似して色鉛筆と筆ペンで描いてみました。 白うさぎさんが担いでいる荷物は、私たちが今まで培ってきた…

【踊るサンタクロース】

もうすぐクリスマスです。「クリスマス」は、イエスキリストの生誕をお祝いするお祭りとなっています。クリスマス - Wikipedia によると、「クリスマス」という英語は「キリスト(Christ)のミサ(Mass)」という意味に由来する。と書かれています。 この時…

【7月25日は時間をはずした日】

マヤ暦では、1年の終わり大晦日にあたる日は7月24日。新年は7月26日からスタートします。そのあいだの日、7月25日は「時間をはずした日」と呼ばれています。この日は普段の時間の縛りから解放されて、心身を開放しましょうという日になっております。 私は7…

【DrやNsの手相】  

私は病院勤務の時、最初の頃は慣れない仕事のため心身ともにクタクタになりました。精神的にもかなりまいってしまいました。何とかそんな状況から抜け出したい。そんな中で、何か気分転換することがないかと考えたのです。 そうだわ!私には占いがあった!友…

【一国一城の主の手相】  

私は引きこもりの娘を学校に通わせたいため、他市へと引っ越しました(昔は越境入学は認められていなかった)しかし娘は他市の学校にはなじめずすぐに不登校になってしまったのです。通勤がかなり遠くなってしまったので、泣く泣く病院を辞めたのです。そん…

【古事記タロットについて】

私の占いはタイムリーな人との出会いで始まります。『手相』の時もそうでした。次に『宿曜占星術』も小峰氏との出会いがありました。さらに今度は『タロット占い』でした。 今から約20年前のことです。精神世界に詳しい友人から、電話がありました。「ねえ…

【宿曜経の歴史を探る】

暦の基本単位は、年・月・日の三つです。 一年…地球が太陽の周りを一巡するもの。365日と約四分の一日の長さ。 一月…地球の周りを衛星の月が一巡する長さ。平均29日と12時間ばかり。 一日…昼と夜との一組を表す。 人類が、過去現在に使用した暦法は 太陽暦… …

【占い師への道】

私は必要な人(存在)に必要な時に必ず会っているのです。『手相との出会い』の時もそうでした。私を占い師へと導いたのは、私の通っていた高校の図書室の司書の方です。 高校の図書室での話です。私は読書が好きで図書委員となっていました。図書委員は、自…

【占い師は地獄に落ちる⁉】

人が旅行先や読む本を選ぶように、土地や本も人を選んでいるのだろう。と私自身の経験から思うようになりました。 そんなことはないでしょう。そういう方ももちろんおられると思います。このブログで私は自由気ままに書いております。私と気の合わない方は、…